閉じる
  1. 三井住友信託、「シティカード買収」の狙い
  2. 米学生ローン負債急増、ミレニアル世代の支出に深刻な影響も
  3. 「Apple Pay」、米国の4大カード全てに対応へ–Di…
  4. スクエアが新たにICカード対応の決済リーダーを提供開始
  5. アマゾン、外部ECサイトとのID連携を日本でも開始
  6. 東京電力:電気代Pontaポイント導入
  7. 「外国人対応コンビニ」認証制度導入へ
  8. NTTドコモ・ローソン提携の狙いとは?
  9. クレジットカード保有率、20代で最低
  10. アドウェイズがログノートに出資
閉じる
閉じる
  1. NTTドコモ・ローソン提携の狙いとは?
  2. 「Apple Pay」、米国の4大カード全てに対応へ–Di…
  3. アドウェイズがログノートに出資
  4. 三井住友信託、「シティカード買収」の狙い
  5. 「外国人対応コンビニ」認証制度導入へ
  6. アマゾン、外部ECサイトとのID連携を日本でも開始
  7. 米学生ローン負債急増、ミレニアル世代の支出に深刻な影響も
  8. スクエアが新たにICカード対応の決済リーダーを提供開始
  9. クレジットカード保有率、20代で最低
  10. 東京電力:電気代Pontaポイント導入
閉じる

クレカダイアリー

アマゾン、外部ECサイトとのID連携を日本でも開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kurhan101100009

アマゾンは5月11日、Amazon.co.jp(Amazon)以外のECサイトにAmazonのIDでログインをして決済ができるサービス「Amazon ログイン&ペイメント」を日本でも開始した。同サービスを導入したECサイトでのみ利用できる。これにより、ユーザーはサイトごとに住所やクレジットカード番号などを入力する手間が省ける。またサイト運営事業者は、カート画面からの注文成約率の改善が見込める。米国では注文成約率が10~34%改善したECサイトがあるという。

引用元:CNET
アマゾン、外部ECサイトとのID連携を日本でも開始–決済時の手間省く

世界最大級のオンラインショッピングストアとして知られるアマゾンは、2015年5月11日、Amazon以外のECサイトにAmazonのIDでログインをして決済ができるサービスである「Amazon ログイン&ペイメント」を日本でもスタートさせました。一般的にユーザーは、サイトが変わるとその都度自分の住所や電話番号、クレジットカード情報などを入力して商品を購入する必要があります。そのためいくつかもショップで買い物をする際は、同じ情報を何度も入れなければならないといった煩わしさがあるでしょう。

今回の「Amazon ログイン&ペイメント」により、ユーザーはいちいち情報を入力していく手間を省くことができるため、今まで以上に気軽にショッピングを行うことができるのです。また、サイトごとにIDとパスワードを管理する必要もなくなるため、ユーザーにとって大変メリットが多いと言えます。
さらにサイト運営事業者は、カート画面からの注文成約率の改善を行うことができるとしています。ちなみにアメリカでは、「Amazon ログイン&ペイメント」システムを2013年10月にスタートさせました。現在はイギリス、ドイツ、インドにも導入されています。中には注文成約率が10〜34%改善したECサイトもあり、実際に結果として表れています。
ちなみにクレジットカード情報はアマゾンのセキュリティシステムで厳重に管理されているため、他のECサイトにクレジットカード情報が流れることはありません。あくまでも配送に必要な情報のみが共有されます。そのため、初めて買い物するサイトでクレジットカード情報を入力するのに抵抗のある方でも、気軽に利用することができます。ですから安全性の面においても「Amazon ログイン&ペイメント」システムは大変信頼できるサービスであると言えます。

現時点では、公演チケットを販売する「劇団四季」、それからピザや弁当などを販売する「出前館」がこの新サービスを導入しています。今後導入する企業はますます増えていくことでしょう。Amazonは世界で最も利用者の多いショッピングサイトのため、そこに参加をすることはAmazonの顧客を呼び込むことができ、それは業務を拡大させていく上で大変大きな糧となることが予想されます。これから先Amazonと他のECサイトがどのようにして連携して業務を遂行していくのか、引き続き目が離せません。

関連記事

  1. convenience store

    NTTドコモ・ローソン提携の狙いとは?

  2. audiohead101100016

    三井住友信託、「シティカード買収」の狙い

  3. gf1420548359x

    アドウェイズがログノートに出資

  4. ar0010004754l

    東京電力:電気代Pontaポイント導入

  5. imasia_10110721_S

    「外国人対応コンビニ」認証制度導入へ

  6. imasia_15383698_S

    クレジットカード保有率、20代で最低

おすすめ記事

  1. スクエアが新たにICカード対応の決済リーダーを提供開始
  2. NTTドコモ・ローソン提携の狙いとは?
  3. アドウェイズがログノートに出資
  4. アマゾン、外部ECサイトとのID連携を日本でも開始
  5. 東京電力:電気代Pontaポイント導入

ピックアップ記事

  1. Security concept with social media  and credit card on smartphone,cell phone illustration
    iPhone をはじめとしたスマートフォンで決済するためのシステムを提供するスクエアは5月11日、ポ…
  2. convenience store
    NTTドコモとローソンは13日、ポイント事業などで提携すると発表した。ローソン店舗でドコモのクレジッ…
  3. gf1420548359x
    インターネット広告代理店であるアドウェイズは、2015年5月12日に電子レシートシステム「iRece…
  4. kurhan101100009
    アマゾンは5月11日、Amazon.co.jp(Amazon)以外のECサイトにAmazonのIDで…
  5. ar0010004754l
    東京電力は8日、買い物などに使える共通ポイント「Ponta(ポンタ)」を運営する三菱商事系のロイヤリ…
  6. audiohead101100016
    3月31日、三井住友信託銀行(三井住友トラスト・ホールディングス傘下)は米シティグループの日本でのク…
  7. imasia_15383698_S
    日本で初めてクレジットカードが発行されてから50年あまり。今や日常生活にすっかり馴染んでいるが、唯一…
  8. xf1755131706m
    Appleが展開するモバイル決済サービス「Apple Pay」が、ついにDiscoverカードにも対…
ページ上部へ戻る