閉じる
  1. アドウェイズがログノートに出資
  2. アマゾン、外部ECサイトとのID連携を日本でも開始
  3. 「外国人対応コンビニ」認証制度導入へ
  4. 「Apple Pay」、米国の4大カード全てに対応へ–Di…
  5. NTTドコモ・ローソン提携の狙いとは?
  6. 米学生ローン負債急増、ミレニアル世代の支出に深刻な影響も
  7. 東京電力:電気代Pontaポイント導入
  8. 三井住友信託、「シティカード買収」の狙い
  9. スクエアが新たにICカード対応の決済リーダーを提供開始
  10. クレジットカード保有率、20代で最低
閉じる
閉じる
  1. アドウェイズがログノートに出資
  2. 「外国人対応コンビニ」認証制度導入へ
  3. 三井住友信託、「シティカード買収」の狙い
  4. 「Apple Pay」、米国の4大カード全てに対応へ–Di…
  5. スクエアが新たにICカード対応の決済リーダーを提供開始
  6. クレジットカード保有率、20代で最低
  7. 米学生ローン負債急増、ミレニアル世代の支出に深刻な影響も
  8. 東京電力:電気代Pontaポイント導入
  9. アマゾン、外部ECサイトとのID連携を日本でも開始
  10. NTTドコモ・ローソン提携の狙いとは?
閉じる

クレカダイアリー

アドウェイズがログノートに出資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
gf1420548359x

インターネット広告代理店であるアドウェイズは、2015年5月12日に電子レシートシステム「iReceipt(アイレシート)」を展開するログノートへおよそ1000万円の出資をしたことを発表しました。
ログノートの開発した「iReceipt(アイレシート)」は、電子レシート対応店舗においてレジの読み取り装置にスマートフォンをかざすことで、電子レシートを受け取ることができるという画期的なサービスです。利用者が受け取ったレシートは専用のアプリ内で自動的に集計され、いつでもどこでも確認することができます。そのため月々の支出の詳細が一目でわかり、家計の管理に大変役立ちます。

電子レシート「iReceipt」とは、利用者が専用アプリを起動したスマートフォンをレジの読み取り装置にかざすことで電子レシートを受け取ることができるサービス。ログノートは本技術を、Apple社の近距離無線通信技術「iBeacon」を用いて発展応用させた。

利用者が店舗に近づいたことを通知したり、クーポンを配布できる「iBeacon」の技術を用いることで、「iReceipt」は集客から決済までをサポートできるようになった。集客から事前決済(クレジットカード、デビットカード、ID決済)、電子レシートの発行までをサポートする国内初の試みとしている。

引用元:マイナビニュース
アドウェイズがログノートに出資 – 電子レシート用いて広告事業拡大へ

ログノートはこの「iReceipt(アイレシート)」を発展させ、iOS7以降標準搭載となったAppleの近距離無線通信技術「iBeacon」を利用して新しいシステムを開発しました。この新しいシステムはどのようなものなのかと言いますと、利用者が専用アプリをダウンロードした上でBeaconモジュールが設置されている地域においてクーポンを取得し、その場で事前に予約をして店舗に出向きます。すると店舗内の席に設置されたBeaconモジュールが作動してスマートフォン画面上に電子レシートが発行され、利用者のいるテーブルに自動的に商品が提供されるしくみになっています。
この新技術の第一弾として、群馬県内に27店舗あるラーメンチェーン店の「景勝軒」と、コンビニエンスストアチェーンである「セーブオン」の600店舗中100店舗にこのシステムを導入し実際に運営しています。「セーブオン」店舗のレジ脇に設置してあるBeaconモジュールよりクーポンを発行すると、同じようにBeaconモジュールが設置されている景勝軒で餃子一皿を無料で受け取れるといったサービスです。このように相互送客機能をうまく働かせながら店舗運営を行うことにより、お互いの店舗の流動性を高めることができます。

ログノートはこうしたオリジナルのシステムを搭載したアプリを利用者に提供することにより、データを収集してビジネスを発展させていくことを目標としています。アドウェイズはログノートが集めたデータを基にして広告やプロモーション事業において協業していく方針でいるようです。電子レシートを用いることで今後アドウェイズがどのように広告事業を拡大していくのか、これからの動向に注目しましょう。

関連記事

  1. audiohead101100016

    三井住友信託、「シティカード買収」の狙い

  2. ar0010004754l

    東京電力:電気代Pontaポイント導入

  3. imasia_15383698_S

    クレジットカード保有率、20代で最低

  4. imasia_10110721_S

    「外国人対応コンビニ」認証制度導入へ

  5. convenience store

    NTTドコモ・ローソン提携の狙いとは?

  6. kurhan101100009

    アマゾン、外部ECサイトとのID連携を日本でも開始

おすすめ記事

  1. スクエアが新たにICカード対応の決済リーダーを提供開始
  2. NTTドコモ・ローソン提携の狙いとは?
  3. アドウェイズがログノートに出資
  4. アマゾン、外部ECサイトとのID連携を日本でも開始
  5. 東京電力:電気代Pontaポイント導入

ピックアップ記事

  1. Security concept with social media  and credit card on smartphone,cell phone illustration
    iPhone をはじめとしたスマートフォンで決済するためのシステムを提供するスクエアは5月11日、ポ…
  2. convenience store
    NTTドコモとローソンは13日、ポイント事業などで提携すると発表した。ローソン店舗でドコモのクレジッ…
  3. gf1420548359x
    インターネット広告代理店であるアドウェイズは、2015年5月12日に電子レシートシステム「iRece…
  4. kurhan101100009
    アマゾンは5月11日、Amazon.co.jp(Amazon)以外のECサイトにAmazonのIDで…
  5. ar0010004754l
    東京電力は8日、買い物などに使える共通ポイント「Ponta(ポンタ)」を運営する三菱商事系のロイヤリ…
  6. audiohead101100016
    3月31日、三井住友信託銀行(三井住友トラスト・ホールディングス傘下)は米シティグループの日本でのク…
  7. imasia_15383698_S
    日本で初めてクレジットカードが発行されてから50年あまり。今や日常生活にすっかり馴染んでいるが、唯一…
  8. xf1755131706m
    Appleが展開するモバイル決済サービス「Apple Pay」が、ついにDiscoverカードにも対…
ページ上部へ戻る